タカノファーム【三重県松阪市】


タカノファーム【三重県松阪市】】
タカノファーム【三重県松阪市・循環型農業】 タカノファーム【三重県松阪市・循環型農業】

タカノファーム【三重県松阪市】

三重県松阪市で四代続く農家です。

主に米、麦、野菜を近隣で離農されたお宅から田畑をあずかり、栽培しています。

土づくりから水質まで安全にこだわって作ったお米を小さな農家からお届けします。

~タカノファームのこだわり~

松阪牛の街という環境を活かし、耕畜連携の循環型農業を実践しています。

循環型農業のサイクルは、秋の稲の刈り取りにでる稲わらを牛の飼料として使い、稲わらを食べた牛のフンを脱穀したもみ殻とよく混ぜて発酵堆肥を作ります。

今度は冬から春にかけて田んぼや畑に発酵堆肥を鋤き込んで還元します。

そうすることによって化学肥料に頼らない米づくりをしています。

もうひとつ循環型農業を実践する理由は生態系の保全もかねているからです。

発酵堆肥を田畑に使用すると、まずミミズがわいて土づくりの手伝いをしてくれます、またミミズを食べに集まってくる野鳥のフンも肥料になり害虫も食べてくれます。

野鳥が集まってくるようになったもうひとつのキッカケは化学農薬の低減や不使用のおかげで、川や用水路に鳥のエサになるエビや貝、そしてメダカやモロコなどの生き物が増えました。

今ではスッポンやウナギも用水路に住みついています。

反面で、モグラやイタチなど田んぼの畔に穴を開ける厄介者も増えたのも事実ですが、生物多様性が目に見える形での自然と調和した栽培管理を軸に生産しています。

<松阪の地域特性を生かした循環型農業>

タカノファーム【三重県松阪市・循環型農業】   タカノファーム【三重県松阪市・循環型農業】畜産農家
稲の刈取り 稲の刈り取りから稲藁の回収 稲藁の回収
田植えから稲の刈り取り   稲藁の回収から牛の飼料
田植え   牛の飼料
堆肥で土作りから田植え   牛の飼料から牛フン(発酵堆肥)
堆肥で土作り 牛フン(発酵堆肥)から堆肥で土作り 牛フン(発酵堆肥)

お知らせ

※平成26年産のお米の予約受付を開始いたしましたのでよろしくお願い致します。

FAX0598-58-1437  mail ssjfn660@yahoo.co.jp

消費税率改訂に伴いお米の販売価格を変更いたしました。

少量生産の品種は売り切れの場合がございますのでご了承ください。

平成26年産 販売銘柄

  1. 特別栽培米 三重県産コシヒカリ       玄米30キロ 9270円
  2. 特別栽培米 三重県産ミルキークイーン    玄米30キロ 10300円 (在庫少なめ)
    (ミルキープリンセスより変更)
  3. 新品種 特別栽培米 三重県産 結びの神   玄米30キロ 価格未定

米、食味鑑定士 認定番号026-1195号
栽培方法から安全性、品質管理までのトータル知識を修得した栽培農家

登録番号04-71-499
(財)三重県農林水産支援センター認証
化学農薬の節減や堆肥の循環活用により環境にやさしい栽培を行っている県公認の農家です


HOME

ご挨拶

環境

環境について

生産者紹介

生産者紹介

農家直送お米販売

生産者紹介

所在地

〒515-2344

三重県松阪市美農田584

TEL:080-3654-9338

FAX:0598-58-14378


お知らせ


  • 徒然なるままに
    春小麦のあやひかりを刈り終えました。そしてパソコンを開いて書く日記より新鮮な情報と携帯から投稿できる手軽さの為、Facebookに移行していくつもりです。より多くの情報をお届けできたらと思いますのでよろしくお願いします。Facebook タカノファームで検索すると2つぐらいでてきて、いずれかが私の投稿です。
  • 祝!野あがり
    今年も無事田植えを終えることができました。4月25日から5月17日の期間で約10町の面積に  結びの神、コシヒカリ、ミルキークイーン、にこまる、あゆみもちを穫り入れ次期の早い順に植えました。田植え期間は風や天候、苗の育成状態に気を張り詰めていてなかなか更新できずにいました。今年は風はやや強いものの、日照時間や水も豊富で健康な稲が育ってくれています。初めて植えたにこまるはどんなお米になるか楽しみです。
  • 一粒万倍
    一昨日のこと 今年2回目の種蒔きです。今年の水稲面積は10ヘクタールで いままででもっとも少なくなります。これは美濃田町で集団転作をしているおかげで、既に冬コムギが蒔いてある田んぼ以外のところしか植えられないからです。もともと量より質と安全を重視して栽培していますので さらに丁寧な栽培管理が出来そうで期待しています。万全を期して、本年度の稲作のテーマはアミノ酸と酵素で行きます。偶然にも一昨日は暦の上では
  • 四年ぶりのススキこかし
    今日の神事はススキこかしです。準備するものは笹 1本、藁 適量、藤の蔓 70㎝×3本筆ペン 1本、半紙 2枚       以上これらを使って邪気を祓う人形を作ります。なお、使用有効期間は約一年間で、村のはずれにあるシシ塚の一本杉に天狗が結びつける事により邪気の進入を拒んでくれる効果があります。その際にススキの茂る200mのあぜ道を全力で3往復して合計1.2キロを必死で走る様から行事の名前に由来するそうです。
  • 旧正月の神事
    今年も四年に一度の神社の世話番が回ってきました。各勢子の順番が決まっているので私の時は毎回オリンピックと重なります。旧暦の正月にあたる今日は 米の吉凶を占う粥だめしです。三本の竹の中に生米を入れて炊く事によって、早生、中手、奥手の出来具合いがわかるそうです。今年は早生の品種が良いような気がします。たぶん前にも書いたと思いますが、占った後の粥を榊の葉ですくって食べると一年間無病息災の御利益があるそう